オージャス=究極の生命エネルギー★

皆さん、こんばんは。Satokoです。 秋の夜長・・深まる秋と共に、アーユルヴェーダの学びも深めていきませんか? 前々回、7つのダートゥ【体組織】のお話をしましたね。身体は7つの組織によって成り立っていると言われています。この7つのダートゥが一緒になって、【オージャス】と呼ばれる究極の生命エネルギーを作り出します。オージャスは胸の真ん中のハートチャクラにあり、身体と心全体に広がって、エネルギッシュな状態にします。 オージャスを高めるには、ヨーガや瞑想を行うのがよいとされています。感覚を研ぎ澄まし、内なるエネルギーを高めることができるからです。 食べ物は サットヴァ=純粋な質 の食べ物がオージャスを高めると言われています。例えば牛乳、ギー(精製されたバター)、新鮮な野菜、果物などが良いとされ、反対に タマス=鈍質 な食べ物のコーヒーやアルコール、ジャンクフードなどは、オージャスの働きを低下させると言われています。 ギー(精製バター)はアーユルヴェーダでは万能薬、とも言われています。アーユルヴェーダのワークショップなどでも「ギー作り体験」というのをよく聞きますよね。私はまだギーは作ったことはないのですが、近々やってみようと思っています。インドではよくナンなどにかかっていた覚えがあります。 オージャス、高めていきたいですよね。まずはヨーガの実践、サットヴァな食べ物を意識して摂ること!アーユルヴェーダの実践は実はとてもシンプルなことだったりするんですね。

Recent Posts
Archive
Search By Tags