【海外研修コースのご案内】

 

 

インド・チェンナイの Krishnamacharya Yoga Mandiram で学ぶ、
ヒーリング・ヴェーディックマントラスペシャルセッション
 
Healing Vedic Mantra Chanting  Special Session


現代ヨガの父、クリシュナマチャリアの教えを受け継いだ、伝統のある学校、Krishnamacharya Yoga Mandiram(クリシュナマチャリア・ヨガマンディラム)でヴェーディック・マントラを学んでみませんか?
 

5名までのセミプライベートセッションで、マントラをより深く学ぶことができます。

 

提携校のPyramid YOGA international の為だけにアレンジされた、5日間のスペシャルコースです。

マントラヨガ講師、Satokoも同行し、レッスンのサポートをいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【マントラって何?】
マントラ(Mantra)はとっても神聖な響きをもった、サンスクリット語の短いお経のようなものです。約5000年前、リシ(賢者)達によって、深い瞑想の中でこの音を認知したと言われています。マントラを文献化したものが、インド最古の聖典、「ヴェーダ」です。自然賛歌に対する祈り、加持祈祷や祭祀に関わる詩節が書かれています。インドでは長い間、人々の間で口承され、今も生活の色々な場面で唱えられています。 ヴェーダ由来のマントラを ヴェーディックマントラ、それを詠唱することを、ヴェーディック・チャンティングと言います。

 

マントラは、正しい韻律でチャンティング(詠唱)された時、とても偉大なパワーをもち、私たちの体に バイブレーション(振動)を生み出します。そのバイブレーションは、生理学的にもとても良い影響を与えると言われ、私達の体、精神、感情の健康を促進させます。これが、インドで長い間マントラが唱えられている一番の理由ともいえます。

 

そしてマントラの練習、先生の発した音を聴き取り、生徒がそれをリピートするといったプロセスは、集中力を高め、雑念を取り払うことができます。マントラは元々瞑想を深める為のツールとされていますが、その練習自体が瞑想的な癒し、セラピーと言えます。

 

 

【Krishnamacharya Yoga Mandiram ってどんな学校?】

現代ヨガの父、Krishnamacharya師の教えを受け継ぎ、昨今注目される代替医療としての「ヨガセラピー」を基盤に、「一人一人の問題、悩みに合わせたヨガ」を行い、世界中にその教えを広めています。Krishnamacharya師はアシュタンガヨガのパタビチョイス師や、アイアンガーヨガのアイアンガー師など教えており、現代にヨガを広めた第一人者です。Krishnamacharya Yoga Mandiram は Krishnamacharya師 の息子、TKV Desikacharによって設立されました。

 

ヴェーダ由来のマントラは、インドでは「パンディタ」という男性の専門家のみによって、受け継がれてくるものとされてきました。しかし、Krishnamacharya師は人種、性別、職業、宗教を超えて「マントラを学びたい、教えたい」と思うすべてのひとに、その権利はあると、ヴェーディック・チャンティングの新しいかたちを切り開いてきました。現在マントラはヨガを愛する人を始め、世界中で唱えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【マントラへの想い】

インドでのヨガ修行中、アーサナ(ポーズ)の練習に入る前に毎朝30分程度、皆で練習していました。唄う度、こころに新しいエネルギー湧いてきて、こころの奥深くに眠っていた何か、気づかされる感じがしました。皆で唱えた時のバイブレーションが凄く、心の奥まで入ってきて、それが魂に響き、涙が溢れることもありました。そして、日本に帰国後、芽生えた疑問。なぜこの素晴らしい音が日本でもっと伝えられていなんだろう。私はその素晴らしい、「音」をもっと日本の皆さんに知ってもらいたい!と思い、日本でマントラのレッスンを開き、インドに専門的に学びに行き、今回このインドへのマントラコースを開催することを決めました。この素晴らしい音を、日本中に広めたい、その気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【インド・チェンナイのこの学校を選んだ理由】


私自身、今年の5月にKrishnamacharya Yoga Mandiramで、講師のShobanaより、マントラを専門的に学びました。この学校を選んだ理由は、日本でマントラを伝承している方の多くが、こちらで学ばれたということを知ったからです。 ヴェーダ聖典由来のマントラは元々、3音階で厳格に唄われます。彼女のレッスンは正直、とても厳しかったですが、5000年も前から伝わるマントラを伝承していくということは簡単なことではなんだなと思い、「本物」を学べたことは、とても私の人生の中での貴重な経験となりました。

インド・チェンナイはインドでも首都ニューデリーに次ぐ大都市と言われています。発展目覚ましく、たくさんの人、牛、バイク、車などで大変喧噪のある市街です。学校は、そんな喧噪から一本離れた場所にあり、学校の中はいつも神聖で、いい気が流れています。


Krishnamacharya Yoga Mandiram は現代ヨガの父といわれる、クリシュナマチャリアの教えを守り、近年注目を浴びる、「ヨガセラピー」を基盤としてヨガを広めています。学校はクリシュナマチャリア師の息子によって設立されました。

そんな伝統のある学校で、神聖な「音」を学び、チャンティングすることで、より深くインド文化の真髄を感じることができるでしょう。日本にいては気づけないこと、気づかされる旅になるでしょう。より心豊かに暮らしていくきっかけとなると思います。 一緒に学び、ヴェーダの叡智に触れてみませんか?


 

【コース主催者紹介】

 

Pyramid YOGA international 代表

マントラ伝道師 Satoko

 

カナダ留学中に出会ったヨガに魅せられ、単身インドにヨガ修行へ。

マントラの音の響きの素晴らしさに衝撃を受け、日本でも伝えて

いくことを決意。

 

現在東京渋谷では 英語でヨガ、銀座、大田区西馬込ではマントラや、

シンギングボウルを取り入れたレッスンを行っている。

 

得意の英語を活かし、TOEIC講師として一般企業でのセミナー開催や、

個人英会話レッスンも行う。英会話スクールでの運営スタッフを5年、

大手個別指導塾での英語講師として3年働いた経験を持ち、一人一人に

フォローの行き届いたレッスンが好評。

 

【資格・経歴】

 

・全米ヨガアライアンス500時間 (RYT500) 資格保持者

 インド・リシケシ Rishikesh Yoga Peeth 卒業 (RYT200)

 インド・ダラムサラ Chandra Yoga international 卒業 (RYT500)

 Chandra Yoga internationalではヨガ通訳としても働く。

 

・英会話講師資格(TESOL)をカナダにて取得。

 

・キッズヨガ講師 (英語でのティーティング専門)

 ニューヨークのキッズヨガ専門スタジオ、Karma Kids Yoga にて、

 キッズヨガ講師養成コース(40時間)終了。

 

・インド・チェンナイの Krishnamacharya Yoga Mandiram にて、

 マントラの個別指導を受ける

 

 

 

【マントラ講師の紹介】

 

Krishnamacharya Yoga Mandiram(KYM)  

Healing Chants 統括責任者

Ms Shobana Srinivasan

 

KYMの創設者、TKV Desikacharによってヴェーディック・マントラの手ほどきを受ける。

3年間のマントラコース、Healing Chantsの統括責任者で、世界中にマントラの講師を輩出している。

彼女のヨガセラピーのプライベートセッションは、1か月先まで満員、ということも多く、クライアントから

絶大な人気を誇る。

 

彼女はKYMの重要な運営メンバーであり、レッスンだけでなく、

日々のスケジュール管理や他の講師の教育も行い、彼女の取り組みは、

クライアントだけでなくKYMのスタッフからも厚い信頼を受けている。

 

ヨーロッパでもマントラのワークショップなどを行い、世界中にマントラを広める活動を行っている。

 

 

 

【コース詳細】

 

【期間】 
2014年 10月20日(月)~10月24日(金)


【レッスン数】
1日  3セッション (1セッション=約50~60分)

5日間  合計15セッション  約14時間程度

 
【スケジュール】
10月20日(月) 、21日(火) 、22日(水) 、23日(木)、24日(金)
各日 10:00~13:00 (休憩込)

 

【講座内容】
サンスクリット語の発音、基本的なマントラ、ヴェーダの知識や哲学など、ヴェーディック・チャンティングに関すること全般です。

生徒様のレベルを見ながら、講師が内容をアレンジしていきます。

レッスンはすべて、Krishnamacharya yoga Mandiram のHealing chants 統括責任者、Ms. Shobanaによってすべて英語で行われます。ヴェ-ディック・チャンティングの厳格さを守ったレッスンが定評です。

 

理解が難しそうな場合は日本語でのサポートを入れます。

 

 

【定員】

5名   セミプライベートセッションとなります。

 

【最小催行人数】

3名

 

【料金】

5日間 15セッション(約14時間)、日本語サポート付き

合計  100,000円

 
【内訳】

受講料             50,000円 

コース手配代・サポート費 50,000円

 

【料金に含まれるもの】

・コース手配代

・レッスン受講料

・教材プリント費

・レッスン内の日本語サポート(完全な通訳ではありません)

・現地の生活のサポート(ご相談などに乗ります)

 

【受講料に含まれないもの】

・ホテル宿泊費 

(オススメのホテルをいくつかご紹介いたします。)

・インド・チェンナイまでの航空券

・その他交通費

・食費

・インドビザ代

・海外旅行保険

・空港使用料

 

インドビザ・海外保険はご自身でお早めにご手配ください。

 

【お支払い方法】
銀行振込

 

【お支払い期限】
ご予約から5日以内


【申込締切】
9月30日

【キャンセル・返金ポリシー】
9月1日~9月30日  料金の 50%
10月1日以降 全額発生

★申込期限までに最少催行人数の3名に満たなかった場合、コースが中止になることがございます。その場合は全額返金いたします。 


【免責事項】
レッスン以外の生活についてはご自身の責任でおいて行動して頂くということになります。現地の生活についてのご相談などには乗ります。


【ご案内】

Pyramid YOGA international の為だけにアレンジされた、特別コースです。Krishnamacharya yoga Mandiram では通常、マントラの5日間の短期コースはありません。


レッスンは全て英語で行われます。

Pyramid YOGA international 主宰のSatokoがレッスンのサポートを致します。(完全な通訳ではありません)

現地での生活のご相談にものります。

 

 
 

【お問い合わせ・申込み先】
Pyramid YOGA international 代表
マントラ伝道師 大西聡子
satoko-fortunate@hotmail.co.jp
090-3586-2780

Copyright (C)  Satoko Ohnishi All Rights Reserved