英語でヨガ 講師養成コース

日本でここだけ!英語で ヨガ哲学&解剖学 が学べ、英語でヨガ を教えられるようになる講座!

「一生モノのスキル」、身につけませんか?

 

こんにちは!Satokoです。

英語も、ヨガも、集中的に、本格的に学びたい!
将来、英語でヨガを教えたい!
そんなアナタ!
ヨガ留学さながらのコースを受けて、英語でヨガ、教えられるようになりませんか?

プライベートレッスンでで丁寧にお教えします。

インストラクションのテスト(40分)も入れていきます!


★この講座で学べること★

【理論】 

すべて英語で学びます。日本語でのサポートも入れます。
・ヨガとは何か?(ヨガ・スートラ 第一章・第2節と八支則をやります)
・インド哲学 概要
・チャクラについて
・解剖学基礎

 

【英語】
・体の部位の単語
・ヨガでよく使われる動詞、副詞
・解剖学用語
・英語発音のコツ(必要に応じて)

 

【実践】
英語でヨガレッスンの受講
各ポーズの英語でのインストラクションの出し方
英語でヨガ 実技テスト

 

★この講座でできるようになること★
・英会話初心者の方でも、「英語でヨガのインストラクト」を確実にできようになる方法、ノウハウをお教えします。
・英語でヨガ哲学の知識を身につけます。解剖学の単語を英語で習います。
座学の内容を、ご自身の 英語でヨガ のレッスンに取り入れていくことも可能です。

 

【得られる資格】 
無事インストラクションのテストを終えられた方には、
Pyramid YOGA international 認定 
English Yoga teacher Certificate をお出しします。

【講師紹介ページ】 Pyramid YOGA international 認定講師、活躍中!

http://satoko-fortunate.wix.com/pyramid-yoga#!/c2262

 

★講師紹介★
ヨガの本場、インドで講師養成を500時間、ニューヨークではキッズヨガ、ベビーヨガ、産後ヨガ、マタニティヨガの講師養成を受け、カナダでは英会話講師資格を取得し、
そして塾での英語講師経験、大企業でのTOEIC講師経験・インドでのヨガ通訳経験もある、英語&ヨガ が大好きな、その道のプロの ☆Satoko☆ が楽しく、分かりやすく 英語でヨガ を伝えるノウハウをお伝えします。

 

【対象レベル】
英会話初心者~中級者対象。すでに英語が流暢な方はご受講いただけません。
現在ヨガを教えられている方、他の日本語の養成コースを修了されてシークエンスの組み方をご存知の方。

 

<定員>
1名 
プライベートレッスンで、生徒様のペースに合わせて進めていきます。
講師、Satokoのインドヨガ修行中の話や、ニューヨークやカナダでのヨガの貴重な経験談も聞くことができます。

 

【日程】 2日間 全10時間 
<参加費用>
全3日間 10時間 20万円 
Pyramid YOGA認定講師登録料込み 
※更新料などはいただいておりません。

 

<お支払い方法>

事前銀行振り込み

※ご入金後のキャンセルは承っておりません​

<ご予約は>

info@pyramid-yoga-international.com

大西聡子まで


<場所>

Pyramid YOGA international  おうちヨガスタジオ

愛知県一宮市
場所の詳細は予約後お知らせします
<アクセス>
JR尾張一宮駅

(名古屋駅から快速12分)

徒歩15~20分

<持ち物>
筆記用具
動きやすい格好、水分補給用の水など
ヨガマット

<ご予約の際は> ※現在講座は、受付休止中です。
・講座を受けようと思ったきっかけ
・今後「英語でヨガ」のスキルをどう活かしていきたいか
・ヨガのご経験(日本での講師養成講座を修了されている方、現在フリーでヨガ講師をされている方向けです。)
・英語のレベル(対象レベルは英会話初心者~中級者です。すでに流暢な方は受けていただけません)
・当日つながるお電話番号
をお知らせください。よろしくお願いいたします。

 

★講師Satokoからのメッセージ★
私はインドで200時間の講師養成のコースを受けた際、ヨガの座学の知識がほとんどない状態で行ったので、大変苦労しました。しかも、世界各国の60人の生徒の中、日本人ただ一人。 英語講師や、英会話スクールで働いてきた経験があったので、英語には多少の自信はあったものの、毎日の哲学、解剖学の授業は、最初はほとんど理解できず、毎回みじめになって涙が出てきました。

 

しかし、その後日本に帰り、本などを買って猛勉強し、再度インドの300時間の講師養成にチャレンジしました。その時も英語のみの外国人コースを受講したのですが、同じ学校に日本人コースもあり、ご縁に恵まれ、コースの後半は、ヨガ通訳として働くことができました。そしてその後ニューヨークに単身キッズヨガ修行も行くことができました。

 

苦労して勉強してきたからこそ分かる、海外の講師養成での、日本人の弱点、知っておいたほうが良いこと。解剖学の単語等。これから国際的に活躍するヨガティーチャー&ヨギーニの皆さん、日本で英語でヨガを伝えていかれる皆さんを応援したいと思っています。

ちなみに・・私の英語力ですが、色々と英語に関わる仕事をしてきましたが、海外に「長期滞在」した経験はなく、「流暢さ」はあまりありません。しかし、今まで インドでヨガを インド人先生達から教わったのですが、その誰一人、「流暢で、英語力バツグン」の先生はいませんでした。だけれども、世界中から集まったヨガを志す人たちに、ヨガをしっかり、伝えていっている。 もちろん、基本的な単語は知っておかないと伝えることはできませんが、問題は「英語力」じゃない、「どれだけヨガを知っているか」ということだと思いました。少しでもその想い、共有できると嬉しいです。お会いできるのを楽しみにしております。

 

Copyright (C)  Satoko Ohnishi All Rights Reserved